鍼灸按摩治療院   耀学舎

                                同行援護事業所 耀学舎

 

一般社団法人 群馬ライトスクールについて

 盲学校、その他の教育・研究・行政機関、及び種々の産業分野と連携する中で、視覚に障害のある方々の潜在能力を生かし、次の社会を見据えた共生社会モデルの創造、及び地域社会の活性化に寄与することを目的として、2019年に設立された非営利法人です。

 2020年には、鍼灸あんま治療院・同行援護事業所「耀学舎(ようがくしゃ)」を、前橋市昭和町にオープンいたしました。

 

 

●主に取り組んでいること

就労支援と社会貢献

  東洋医学を目指す視覚に障害のある方々の就労支援を行ないます。そのために鍼灸あん摩治療院「耀学舎(ようがくしゃ)」を開設し就労の支援を行うと共に、あん摩体験会等を通して地域社会にも貢献しています。

 「視覚障害者の気感・皮膚感覚は、健常者よりも優位に開花する可能性を秘めている」と捉え、視覚情報に頼らないそれらの感覚を駆使し、身体全体の気の流れを読み、気のバランスを整える治療を目指します。

 また、鍼灸あん摩以外の職域においても、視覚に障害があっても彼らの「強みを生かせる仕事」という観点から就労の可能性を模索していきます。 

  

 

 

 

 

啓発活動

 視覚優位が加速化する社会は、見方を変えれば物質優位の社会、本質的な生き方・あり方が見失われがちな社会と言えます。そんな中にあって、触覚・皮膚感覚(直接感知)に依拠する行動様式や心の目、自然と一体化した東洋医学の考え方は、私たちに多くの示唆を与えてくれることでしょう。そうした講演会やセミナーを企画していこうと思います。

生活支援

  視覚に障害のある方々の日常の生活を支援し、彼らの行動範囲が広がり生活の質が向上するようにします。そのために同行援護事業所「耀学舎」を開設し、視覚に障害のある方々のガイドヘルプを行っています。また、群馬県視覚障害者福祉協会と連携し、白杖歩行支援をしています。後は点字の普及活動や視覚障害者のためのグループホームの開設を目指します。

 

 

 

 

 

教材開発

 視覚に障害のある児童・生徒の教材不足は全日本的な(実を言うと全世界的な)問題です。例えば地理を学ぶときに、どうしても触察地図(視覚障害者の学習のために作られる立体的な地図)が必要ですが、当然のことながら市販のものはありません。群馬ライトスクールでは、これまで蓄積してきたノウハウと人脈を生かし、触察教材の開発に着手したいと考えています。

余暇活動支援

 視覚障害は、他の障害種に比べ外出の機会が少なくなる傾向があります。そこで群馬ライトスクールでは、盲学校の体育館・音楽室を借用し、「ゆたかな休日プログラムと名付けられた余暇活動を行っています。活動内容は体育館での「フロアバレーボール」と、音楽室での「音楽活動」です。

 


新着情報

gunmalightschool-mari.jimdofree.com Blog Feed

懐かしい未来「日本人の塩」② (火, 24 5月 2022)
>> 続きを読む

懐かしい未来「日本人の塩」① (Tue, 01 Mar 2022)
>> 続きを読む

懐かしい未来「盲亀浮木」 (Tue, 01 Feb 2022)
>> 続きを読む

懐かしい未来 ー陰陽五行にみる「玄冬」ー (Tue, 04 Jan 2022)
>> 続きを読む

懐かしい未来「意識の交感」 (Tue, 07 Dec 2021)
>> 続きを読む

懐かしい未来「気の日本人」② (Wed, 10 Nov 2021)
>> 続きを読む

懐かしい未来「気の日本人」① (Tue, 05 Oct 2021)
>> 続きを読む

懐かしい未来「松竹梅」 (Wed, 01 Sep 2021)
>> 続きを読む

懐かしい未来 (Tue, 10 Aug 2021)
>> 続きを読む

空と朝日 (Mon, 19 Jul 2021)
>> 続きを読む

今の社会を生きる意味 (Mon, 07 Jun 2021)
>> 続きを読む

私たちの共生社会モデル (Wed, 12 May 2021)
>> 続きを読む


寄付募集

 群馬ライトスクールは、会員の会費および一般会員の利用料、赤い羽根募金等で運営しています。賛同される方の寄付を随時お受けいたします。